治療について|鼠径ヘルニアや側弯症は手術で治療することができる!

治療を考えているなら

鼠径ヘルニアの治療を考えている方は、手術の方法について調べていきましょう。また、手術の流れについてもお教えしていきます。

手術の流れ

手術を受ける

基本的に術前検査を行ってから、手術を受けます。カントンと呼ばれる鼠径ヘルニアの場合は、早急に手術が必要となるでしょう。だいたい1時間から1時間半くらいで手術は終わります。

入院する

手術の直後は、麻酔の影響が出てしまうでしょう。頭痛や吐き気がを催すこともあります。入院した翌日から歩くことができるようになるでしょう。入浴は術後3日後から可能となります。

退院した後

殆どの場合、3日程で退院することができるでしょう。基本的に1週間程経てば、軽い運動ができるようになります。そのため3週間もすれば、力仕事を始めることも可能です。短い期間で通常の生活に戻れます。

治療について

腹部

バッシーニ法

従来法とも呼ばれる手術です。基本的に人工補強材を使用しない鼠径ヘルニア手術となります。休労時間は他の治療方法と比べると多少長くなるでしょう。手術を受けた後はしばらく安静にしておきます。従来法ということで、症例が多いのが特徴と言えるでしょう。

メッシュを使用

手術の方法として、メッシュを使用することがあります。メッシュを使うと、術後のつっぱり感が少ないとされているのです。痛みも軽減できるでしょう。再発のリスクも低いのが特徴です。現在では、一般的な鼠径ヘルニアの治療方法として知られています。

腹腔鏡下手術法

全身麻酔が必要な手術方法で、重度の鼠径ヘルニアに用いられることが多いでしょう。基本的に術後の痛みや突っ張り感は気にならない程度とされています。入院期間も短いので、手軽に手術を受けることができるでしょう。

病気に備える

腹部

治療について

鼠径ヘルニアの治療について学びましょう。基本的に手術によって、病気を治療します。ここは、治療方法などが分かるようになるページです。

READ MORE
腰

病気の種類

側弯症の種類を紹介しているページです。自分が病気かどうか、判断できるようになります。どのような種類があるのか、確認しておくと良いでしょう。

READ MORE
看護師

チェックポイント

日頃から病気のチェックを行ないましょう。早期発見に役立ちます。日本人に多い鼠径ヘルニアも、ランキング形式で紹介しているページです。

READ MORE

新着情報

広告募集中